出産後の尿漏れの原因

出産後、くしゃみをしたり、笑った時などに尿漏れしてしまうけど誰にも相談できない。

そんな悩みを抱えてはいませんか?

実は、出産後の尿漏れは珍しいことではありません。多くの出産経験者が同じように悩んでいます。

何故、出産後に尿漏れが起こるようになってしまったのでしょうか?
それは、お腹の中で胎児が大きくなる過程、また、出産の際に骨盤が大きく開いてしまったから。

骨盤が開いてしまうと、骨盤の上にある内臓が落ちてきてしまい、膀胱や尿道を圧迫します。そのため、尿漏れを起こしやすくなってしまうのです。

また、現代に生きる私たちは、骨盤底筋という骨盤周辺を支え、締りを良くする筋肉が衰えてしまっているので、さらに尿漏れを起こしやすい状態になってしまっているのです。

骨盤底筋トレーニングで尿漏れ解消

出産後だけに限らず、骨盤底筋を鍛えれば、尿漏れが改善されます。

骨盤底筋は、骨盤と骨盤内の臓器を下から支えるハンモック状態の筋肉群です。これを鍛えることによって、骨盤が正常な位置に戻り、骨盤が広がってしまったことによって下がっていた内臓も元の位置に戻り、その結果、尿漏れが改善されるのです。

出産後に骨盤が広がったままになっている弊害は、尿漏れだけではありません。

骨盤が開いて内臓が落ちていると、内臓の働きが悪くなり、代謝が落ちてしまいます。代謝が落ちると、余分な脂肪がつきやすくなるので、当然、太りやすくなります。出産後に体型が戻りにくいのも骨盤底筋が関係しているのです。

その他にも、生理痛や性交痛、腰痛の原因にもなりますし、尿道だけではなくアソコの締まりにも関係し、夫婦生活の安定にも影響がありますので、出産後には、是非とも骨盤底筋を鍛えて尿漏れを解消するようにしましょう。

出産後のトレーニングの始め方

出産後、早く回復したいからと、すぐにトレーニングを開始することはお勧めできません。

一般的に「床上げ」と言われる3週間程度は安静にしておきましょう。

出産後、3週間が過ぎたころから徐々にトレーニングを開始します。

楽な姿勢のまま、肛門やアソコをキュッと締めたり緩めたりするところから始めましょう。慣れてきたら、締める時には、5秒くらいかけてゆっくりと「キュッ、キュッ、キュッ、キュッ、キュッ」と段階をつけて締めていき、緩める時はその逆に段階をつけて緩めていくようにするとより効果があります。

さらに具体的なトレーニング方法は、「道具を使わない膣トレのやり方」というページに詳しく記載していますので、そちらを参考にしてください。

⇒道具を使わない膣トレのやり方を読む