産後のセックス痛は膣トレで解消

出産してから一ヶ月。お医者さんからは通常の性生活はOKと言われたはずなのに・・・

痛い!!(泣)

痛いのを我慢してパートナーの為に最後まで続けた方、優しいパートナーにお願いして中断してもらった方、どちらもいらっしゃるでしょう。

で、この痛み、時間が解決してくれるものなのでしょうか?

この痛みは、時間では解決できません。放っておくとセックスレスになってしまうかもしれません。

このページでは、産後にセックスで痛いのは何故なのか?また、解決するためにはどうしたら良いのか、ということについてお伝えします。

産後のセックスが痛い原因

通常、セックスが痛いと感じるのは、性行為自体に関する嫌悪感や相手への愛情、うつ病などの精神的なものが7割、そして、肉体的な原因が3割だと言われています。

産後のセックスの痛みの場合は逆で、精神的なものとは、会陰切開部分が割けたら・・という不安などがありますが、ほとんどの場合が肉体的なものが原因だと言われています。

出産後は、授乳中の女性ホルモンのバランスの影響で、膣内が潤いにくいという特徴があります。つまり、摩擦による痛みを感じるというわけです。この場合は、ジェルなどを使用することで解決できます。

問題なのは、出産に伴ってずれてしまった骨盤の影響で、子宮の位置がずれてしまい、男性器がセックス中に気持ちいいところに当たらない場合です。これだと、ただただ、痛いだけ、ということになります。

こうして、産後のセックスで痛いと感じてしまって、その後、恐怖感に悩まされ、そのままセックスレス・・・・、夫婦間の関係もギクシャクし、家庭が崩壊してしまう・・・・ということもあるようです。

それでは、この骨盤のゆがみをなおして、普通の性生活をおくることができるようにする方法はあるのでしょうか?

もちろん、あります。それが、このサイトでご紹介する「膣トレ」なのです。

骨盤のゆがみをなおす膣トレとは

膣トレとは、あそこの締まりを改善するためのトレーニングのことで、一般的には、セックスでパートナーを喜ばせるためにするものだと思われています。

しかし、膣トレの効果は単にアソコの締まりが良くなるだけではないのです。

この膣トレをすることにより、骨盤を下から支えている筋肉群「骨盤底筋」が鍛えられ、その結果、骨盤のゆがみが矯正され、骨盤のゆがみによって下に落ちてきてしまった内臓の位置も元に戻り、骨盤周辺の環境を出産前と同様、もしくは、さらに良い状態にまで改善することができるのです。

もちろん、産後にセックスで痛いと感じてしまっている原因も改善され、しかも、出産によって緩んでしまったアソコの締まりも良くなるので、夫婦関係が改善することは言うまでもありません。

この出産後のアソコの悩みを一挙に解決してくれる膣トレのやり方は、当サイトの「膣トレのやり方」というページで詳しく解説していますので、そちらを参考にしてください。

⇒膣トレのやり方 を読む