尿漏れが起きる仕組み

  • 立ち上がった途端に「アッ!」
  • くしゃみをしたら「あ~」
  • お笑い番組を見てても・・・・・

こんな尿漏れに悩む女性が増えてきています。最近では20代の方で、出産経験がない方でも尿漏れに悩む方がいると言われています。
これは、私たちの生活習慣では骨盤底筋を鍛える機会が少なくなってきているからです。正座した状態から立ち上がる動作、歩く機会の減少、電気製品の普及によって体を動かす機会が減ってしまったことなどが原因です。

試しにトイレに行きたいと思ってから5分間おしっこを我慢することができるかどうか試してみてください。もちろん、どうしても我慢できなかったら、無理はしないようにしてください。

そして、排尿中におしっこを止めることはどうでしょうか?これは体に負担がかかるので、週に1度程度にしてください。

また、1日にトイレに行く回数は何回ぐらいでしょうか?10回を超えるようであれば頻尿です。

すぐにでも尿漏れ防止運動を始めましょう。

まずは、道具を使わずにできる尿漏れ防止運動です。

楽な姿勢を取り、膣を引き締めます。5~10秒キープした後に、緩めます。これを10回程度行います。
慣れてきたら、膣を引き締める際、5段階程度に分けて「ギュッ、ギュッ、ギュッ、ギュッ、ギュッ」という感じで締めていき、緩める際も段階を分けるとさらに効果があります。

次に、あおむけに寝転び、両膝を立てます。膣を締め、骨盤の下側が上になるように傾け、そのまま徐々に腰を上げていきます。肩から膝までが一直線になったら、一呼吸して、徐々に腰を下げていきます。この運動を10回行います。

道具を使った尿漏れ防止運動

せっかく時間をかけて運動するのだから、より効果の高い方法が知りたい。

そんな方には、道具を使った尿漏れ防止運動をおすすめします。

使うアイテムはコレ


ナチュラルプランツ株式会社から販売されている「インナーボール」というアイテムです。

もともと「膣トレ」の為に開発されたアイテムで、膣の締まりを良くして、パートナーを喜ばせたい、また、気持ち良いセックスを楽しみたい、という方が使うアイテムです。

このインナーボールを使って膣トレをすれば、骨盤底筋が鍛えられるので、膣の締まりだけではなく、尿漏れ防止にも高い効果があります。

さらに、骨盤が締り、下がってきている内臓が元の位置に上がっていくので、ポッコリお腹も解消され、スタイルも良くなります。その上、骨盤内のめぐりが良くなるので、冷えが解消されたり、不妊が解消されたり、更年期障害が緩和されたりと様々なメリットがあるのです。

一歩進んだ尿漏れ防止運動に、是非インナーボールを活用してみてください。
インナーボールの安全性や使用方法については、当サイトで紹介していますので、そちらも読んでみてください。

⇒インナーボールの使い方 を読む