妊婦が尿漏れする理由


妊婦が尿漏れするのは特別なことではありません。

あるアンケートによると妊婦の時に尿漏れの症状が出た方は7割以上でした。

なぜ妊婦は尿漏れしやすいのでしょうか?

それは、お腹の中の赤ちゃんが成長し、大きくなるにつれて子宮の下にある膀胱に圧力がかかります。その結果、尿意がない時にでも不意に尿漏れしてしまうことになるからです。

ですから、妊婦の時の尿漏れは特に気にする必要はありません。

むしろ、問題なのは出産後、2か月以上経っても尿漏れが続く場合です。

産後の尿漏れは問題?

妊婦さんが赤ちゃんを出産した後、しばらくは尿漏れが続きます。

これは、妊娠中や出産の際に、尿道を締める働きをする「骨盤底筋」という筋肉群がゆるんでしまうからです。

その後、徐々に回復し、通常1~2か月後には尿漏れが解消します。

ところが、2か月経っても尿漏れが解消しないことがあります。

その場合は、骨盤底筋をトレーニングして尿漏れを解消する必要があります。

では、具体的に、どうすれば骨盤底筋をトレーニングすることができるのでしょうか?

一番カンタンで確実な方法は、インナーボールを使った「膣トレ」です。

⇒これがインナーボールです


「膣トレ」とは、膣の締まりを良くするトレーニングのことです。

膣の締まりも、尿道の締まりも、同じ骨盤底筋の働きなので、膣の締まりが良くなれば、尿漏れも解消することができます。

道具を使わずに膣トレすることもできないわけではないのですが、普段意識していない筋肉に力を入れたり、緩めたりする運動なので、正確にトレーニングできているかどうかが把握しづらいので、あまりおススメできません。

そこで、ここでは、2,000円強という低価格で、しかも、家族を含む誰にもバレることなく購入できる「インナーボール」を使った膣トレを推奨しています。

それでは、次のページで具体的な膣トレのやり方をお確かめください。

⇒具体的な膣トレのやり方