骨盤底筋とは

  • パートナーがなかなかイってくれない
  • セックス中に「もっと締めて」と要求される
  • 何かの拍子に尿が漏れてしまうことがある

もし、あなたが、こんな経験をしたことがあるとすれば、それは、骨盤底筋が弱っている証拠です。


骨盤底筋とは、文字通り骨盤の底を下から支えている筋肉の集まりです。この骨盤底筋は、尿道、膣、肛門を締めたり緩めたりする役割を持っています。

便利になった世の中で生活する私たちは、骨盤底筋が鍛えられておらず、どんどんと弱くなってしまっています。

骨盤底筋を意識的に運動させて鍛えないと、症状はますます悪くなっていきます。

それでは、どのように骨盤底筋を運動させれば良いのでしょうか?

骨盤底筋運動のやり方

骨盤底筋運動のやり方は様々です。

椅子に座ったまま、膣や肛門に意識を集中させ、ゆっくりと締めたり緩めたりを繰り返すだけでも骨盤底筋を運動させることになります。


でも、どうせ同じ時間をかけるのなら、より確実に、効率よく骨盤底筋を運動させたいと思いませんか?

そこで、ここでは、骨盤底筋を運動させるのに最適な道具を使うことを推奨しています。

その道具とは、LCラブコスメティックで販売しているインナーボールです。

⇒これがインナーボールです



このインナーボールは、元々「膣トレ」用のグッズとして開発されました。

インナーボールを膣に入れ、10~15分程度入れっぱなしにしておくだけで、だんだんと膣の締まりが良くなります。

実は、これ、骨盤底筋を運動させて鍛えることによって、膣の締まりを改善しているのです。

ということは、膣の締まりだけではなく、尿漏れに悩んでいる女性も、インナーボールを使った骨盤底筋運動をすることによって、症状が改善されることになるわけです。

実際、たくさんの尿漏れに悩む女性がインナーボールを使った骨盤底筋運動で尿漏れの症状を改善しています。

あなたも、この機会にインナーボールを使った骨盤底筋運動を始めてみませんか?

⇒インナーボールの詳細はコチラ