妊婦の膣トレはNG!?

妊婦さんの骨盤は、出産に向けてだんだんと開いていく時期です。骨盤底筋トレーニングは、逆に骨盤を締めることを目的としたトレーニングです。つまり、妊婦さんが骨盤底筋トレーニングをするということは、自然の流れに逆らうことになり、体にとって良くありません。妊婦さんは骨盤底筋トレーニングは少し我慢して、お腹の中の赤ちゃんとのふれあいの時間にしてください。

では、出産後ならすぐにでも骨盤底筋トレーニングを始めても良いのでしょうか?

実は、出産後すぐのトレーニングはかえって逆効果になってしまいます。
出産後すぐは、骨盤底筋だけではなく、背骨、腹筋も大きなダメージを受けています。特に、腹筋のひとつである腹直筋は妊婦の間に左右に離開してしまっているので、それが正しい位置に戻る前に腹筋を鍛えてしまうとかえって症状が悪化してしまいます。

出産後の骨盤底筋トレーニングは、適切な時期を待って、正しい順序ですすめる方が効果があがるのです。

それでは、具体的にはいつから骨盤底筋トレーニングを始めてもよいのでしょうか?

まず、出産後3週間は絶対安静にしてください。家事はパートナーや家族の方に協力してもらい、なるべく赤ちゃんのお世話以外のことはしなくても済むようにしましょう。

産後3週間が経った頃、この頃から骨盤底筋トレーニングを開始します。腹筋はこの時期にはまだ鍛えてはいけません。体型を戻そうと焦らず、腹筋運動はまだ我慢してください。

1ヶ月検診で順調に回復しているのであれば、お医者さんから普段の生活に戻っても良いという許可が出ます。ここから腹筋を鍛え始めます。ただし、「おしっこが近い」「尿漏れ」「お風呂であそこにお湯が入る」などの症状がある場合は、しばらくは骨盤底筋トレーニングに集中します。

ちなみに、この頃からセックスもできる状態になってはいますが、ホルモンの関係でどうしても気分が乗らないこともあります。無理にすると、潤いが足りずに痛かったりして、トラウマになってしまうこともあるので、ローションを使ったり、パートナーに理解してもらってもうしばらく待ってもらうなどして夜の生活も徐々に復活していくようにしましょう。