道具なしの骨盤底筋の鍛え方

まず、道具を使わない骨盤底筋の鍛え方を紹介します。

職場や電車の中など、やろうと思った時にすぐにできる方法なので、覚えておきましょう。


骨盤底筋の鍛え方 その1

  1. イスに座った状態で脚を肩幅に開く
  2. 肛門と膣を締めた状態を10秒キープ
  3. 5秒数えながら、ゆっくりと肛門と膣を緩める
  4. 以上を10セット行う

骨盤底筋の鍛え方 その2

  1. 仰向けに寝転び、膝を立てる
  2. 肛門と膣をゆっくりと締め、さらに、身体の中に引き上げるイメージで力を入れる
  3. 10秒キープした後、ゆっくりと緩める
  4. 以上を10セット行う

骨盤底筋の鍛え方 その3

  1. 仰向けに寝転び、膝を立てる
  2. 息を吐きつつ、肛門を締めながら、腰を上に上げていく(上の画像のイメージ)
  3. 肩、腰、膝が一直線になったところで5秒キープ
  4. ゆっくりと息を吸いながら腰を下ろす
  5. 以上を10セット行う

以上が、道具を使わない骨盤底筋の鍛え方です。

これは、横になるスペースさえ確保すればどこででもできるというメリットがあります。

でも、本当に骨盤底筋が鍛えられているかどうかは本人でも自覚することができないので、確かめようがありません。

せっかく何ヶ月も骨盤底筋を鍛えてきたのに、力の入れ方などが間違っていて全く効果がなかった・・・。


そんなことにならない為にも、ここでは、道具を使った骨盤底筋の鍛え方も推奨しています。

道具を使った骨盤底筋の鍛え方

骨盤底筋を簡単かつ確実に鍛えるには、インナーボールを使うのがおすすめです。

⇒これがインナーボールです



このインナーボールを、膣の中に入れ、10~15分ほどそのままにしておきます。

最初のうちは、それだけでも十分に骨盤底筋を鍛える効果があります。

何日か続けていると、そのうち、手を使わなくてもインナーボールを膣の外に出したり、中に引き込んだりということができるようになってきます。

もし、骨盤底筋を鍛える目的が膣トレなら、この時点で、かなりの上級者です。

パートナーのアソコが中に入った状態で、締め付けたり、中に引き込むように力を入れてみましょう。今までにない感覚にあなたのパートナーはビックリするはずです。

インナーボールの詳しい情報は、LCラブコスメティックの公式サイトでお確かめください。