膣トレって何?どうやるの?

膣トレとは、尿道、膣、肛門を取り巻く筋肉群である骨盤底筋群を鍛えるトレーニングのことです。

この筋肉を鍛えることにより、尿道や膣、肛門を引き締めることができます。特に、男女共に関心がある、膣の締りを良くする効果があるため、「膣圧トレーニング」「膣トレ」などと呼ばれるようになりました。

膣トレをして骨盤底筋を鍛えると、締りが良くなるだけではなく、骨盤内のめぐりが良くなるので、子宮や卵巣の環境が整ったり、インナーマッスルを鍛えることにもなるので、お尻がキュッとアップするなどのうれしい効果もあります。

ここでは、膣トレの具体的なやり方を紹介していきます。

道具なしで簡単にできる膣トレ

  1. 足をやや広げ気味にします
  2. そして、膣や肛門を締めるイメージで力を入れ、5秒待ちます
  3. その後、ゆっくりと力を抜きます
  4. これを何度も繰り返します。慣れてきたら締めたまま10秒間我慢しましょう。

テレビを見ている時でも椅子に座ったままできますし、電車を待っている時や電車の中ででもできますので、ぜひ習慣にしてください。
また、このトレーニングは、お風呂の中で行うと、体が温まることによって、めぐりがよくなり、より効果が期待できます

道具なしでできる膣トレは他にも何種類かありますが、図解入りで説明している良書がありますので、ここではその本を紹介することにします。
kindle版もありますので、購入してすぐに読めますので、iPad、iPhoneやkindleなどの端末をお持ちの方はそちらもご検討ください。

⇒『ちつ☆トレ』の詳しい情報を見る

本格的に膣トレを始めよう

本格的に膣トレを始めるなら、インナーボールとデリケートパックを使うのがおススメです。


⇒これがインナーボールです

インナーボールは、中が空洞になっているところにおもりが入っているもので、本体を膣の中に入れておくだけでトレーニングになる器具です。

そして、デリケートパックは、膣の引き締めをしてくれる膣専用パックとしての役割と、インナーボールを膣に入れる時の潤滑油の役割をしてくれます。

インナーボールは、日本人女性の体に合わせた大きさで、しかも、一見したところでは膣トレ用の器具とは分からないような可愛いデザインになっていますので、お部屋に持っていても違和感がありません。

素材は、医療用に使われている安全なものですので、安心です。

詳しい情報はこちらで読めます