膣トレで膣の締まりを良くする

膣の締まりを直接的に良くするには、「膣トレ」を始めるのが一番です。

膣トレとは、「膣圧トレーニング」の略で、まさに膣の締まりを良くする方法の代表的なものとして話題になっています。

膣の締まりに関係する筋肉は、尿道や肛門の締まりに関係する筋肉と同じものなので、道具を使わずに肛門に力を入れたり、緩めたりする動作によってもある程度まではトレーニングすることが可能です。

しかし、一般的な筋力トレーニングと同じで、道具を使わない膣トレより、道具を使った膣トレの方が、確実にトレーニング効果が実感できます。

カンタンでしかも確実に膣トレできる道具として、インナーボールに勝るものはありません。

⇒これがインナーボールです

たったの2,157円で購入できますので、これは必ず購入しましょう。

インナーボールの使い方はカンタンです。

ソファーなどにリラックスして座り、インナーボールを膣に入れるだけ。あとは、テレビを見たり、雑誌を読んだりしながら10~15分程度そのままにしておくだけです。

すると、中でコロコロとバイブとは違った不規則な振動が起こり、膣の内壁を刺激します。

このインナーボールを使ったおかげで、膣の締まりが良くなり、なかなかイケなかったパートナーと一緒にイクことができたという主婦の方もいます。

インナーボールの公式サイトでたくさんのレビューが読めますので、そちらもぜひ参考にしてください。

⇒インナーボールのレビューを読む

ジャムウで膣の引き締め

膣の締まりを良く方法の2つ目は、ジャムウを使った引き締めです。

ジャムウとは、インドネシアの宮廷に古くから伝わるハーブのレシピです。

インドネシアの宮廷では、王様からの寵愛を得るために、女性を磨くためのハーブのレシピが古くから伝わっています。

その中でも、特に女性のデリケートゾーン周辺の肌の引き締めやニオイケア、黒ずみケアのためのジャムウを使って膣の締まりを良くしていきましょう。

ジャムウを配合したアイテムは沢山あり、その中でもジャムウ石鹸は日本でも有名になりつつありますが、ここでは、膣の内側までしっかりとケアできる「ジャムウデリケートパック」をご紹介します。

⇒これがジャムウデリケートパックです

ジャムウデリケートパックも、使い方はカンタンです。

シャワーを浴びる時に、ジャムウデリケートパックを2~3センチ程度人差し指に取り、指の第2関節くらいまで入れて届く範囲に塗り込み、3分後に軽く洗い流すだけです。


説明動画も参考になります。


さらに詳しい情報は、ジャムウデリケートパックの公式サイトにも掲載されていますので、そちらをご確認ください。